So-net無料ブログ作成

08.消えた気まぐれ天使 [蒼ざめた微笑]

Francesco Biasia A76504/BK


 電話のベルで起こされた。

「朝ですよ、日向さん、起きて下さい。勝俊さん、朝ですよ」

 冬子の声だった。

「モーニング・コールを頼んだ覚えはないぞ」と私は寝ぼけた声で言った。

「なに言ってんです。必ず、七時半に起こしてくれって言ったくせに」

 そんな記憶はなかった。

「あっ、覚えてないんでしょ?」と冬子は笑った。

「君をタクシーに乗せた所まで、ちゃんと覚えてるよ」

「なに言ってんです。あなたは強引にあたしをうちに連れて行こうとしたんですよ。あたしは振り切って逃げて、タクシーに乗ったんじゃないですか」

「俺は君に何かしたのか?」

「無理やり、キスしました」

「それで?」

「体にもさわりました」

「そうか、きっと、君が可愛い過ぎたんだよ」

「お陰で、あなたという人がよ~く分かりました。奥さんが逃げて行った訳がよ~く分かりました」

「何だと? そんな事まで喋ったのか?」

「未だに、未練があるんですね。泣いてましたよ」

「嘘つくな」

 冬子は笑っていた。

「お仕事ですよ」

「分かってるよ」

「そうじゃないんです。さっき、静斎先生から電話があって、あなたに、うちの方に来るようにって」

「何だって?」

「紀子さんがいなくなったらしいの」

「何だって?」

「紀子さんがいなくなったんですよ。あなたに捜して欲しいんですって」

「いつから、いないんだ?」

「分からないわ。とにかく、うちの方に来てくれって言ってました」

「分かった」

「ねえ、先生のうちに行く前に、あたしのとこに寄って。あたしも心配だから、一緒に行きたいの」

「すぐ行くよ。ベッドの中で待っててくれ」

「まだ、酔っ払ってるの? このすけべ」

 電話は切れた。

 私は思い出していた。冬子の言った通り、そんな事をやったような記憶がかすかに残っていた。

「なんてこった」と私は受話器を置いた。

 今日は東山を捜し出すつもりだったのだが、まあ、いいか。紀子もすぐに見つかるだろう。東山は明日でも間に合う。

 私は熱いシャワーを浴びて、タバコ二本とブラックコーヒーを二杯飲んでから、ジープに乗って出掛けた。

 静斎の屋敷は相変わらず静かだった。広いガレージには赤いボルボと泥だらけのシルバーグレイのジャガーが並んで置いてあった。あと一台空いているスペースには、きっと、黒光りしたロールスロイスのリムジンが納まるのだろう。

 冬子が玄関のベルを押した。そして、私の顔を見ると、すけべ、と言って鼻を鳴らした。これで、十一回目だった。私はただ、うなづいた。

 ドアが開いて、品のいい顔付きの中年の女が現れた。静斎よりずっと若く見える。この屋敷には似合いそうもない地味な格好をしていた。どこにでもいる、おかみさんと変わりなかった。ただ、上品な顔付きと、落ち着いた物腰から漂う雰囲気は、この屋敷の奥様という感じがした。

 応接間に通された。静斎はいなかった。二階から、この前のようにピアノが聞こえて来るような気がしたが、ひっそりと静まり返っていた。

「うちの人は心配しすぎるのよ」と静斎夫人は言った。

「紀子だって、もう大人です。そのうちに帰って来ますよ」

「前にも、よく、無断で、うちを出る事があったのですか?」と私は尋ねた。

「あの娘は音楽に夢中なんですよ。曲を作る時なんか、フラッとうちを出てって、どこか、よその土地でイメージを膨らませるらしいの。そして、また、フラッと帰って来るんですよ。今度もきっと、それですよ。このうちの連中は、みんな、気まぐれなのよ。常識では、とても考えられないわ」

 少々、愚痴っぽく聞こえた。一緒になって以来、静斎の気まぐれに手を焼いて来たのだろう。お茶を入れて来ると言って、夫人は出て行った。

 冬子は大好きなモディリアニの絵の前に立って、じっくりと観察していた。

「この人、モディリアニの奥さんでしょ?」

「らしいね。今日はミニスカートはやめたのか?」

「あなたがすけべだからよ」

「ジーンズよりミニスカートの方が似合うよ」

「ありがとう。ほんとは水着の方がもっと似合うの。でも、あなたには絶対に見せません」

「残念だな。夏になったら、海に連れてってやろうと思ってたのに」

「結構です」

 手に負えない非常識家が沈んだ顔をして、音もなく入って来た。夫人とは違って、本当に心配しているようだ。これも、気まぐれの一種なのだろうか?

「冬子も来たのか」と静斎は私の向かいに腰を下ろした。

「ええ、心配だったので‥‥‥」

 冬子は私の隣に座った。

 静斎はタバコセットから、タバコを一本つまむと口にくわえた。

「紀子さんは、いつからいないのですか?」

「それが、わしにも分からんのじゃ」

 静斎はタバコを指でもてあそびながら、怒っているような口調で言った。

「昨日(きのう)の夜は『オフィーリア』にも現れんし、うちにも帰って来ない。いつもなら、必ず、連絡くらいするはずじゃ」

「一昨日(おととい)の夜はどうです、店に出ましたか?」

「月曜はあの店は休みじゃ。一昨日は、わしはこっちに来なかったので紀子には会っていない」

「それじゃあ、最後に紀子さんを見たのは日曜の昼前ですね?」

「ああ、そうじゃ。お前と一緒にここに来た時、最後にあれを見た。あの日はちゃんと店にも顔を出している」

 静斎夫人がお茶を持って入って来た。

 静斎は持っていたタバコに火を点けた。

「どうぞ、召し上がって下さい」

 冬子が礼を言って、お茶菓子に手を出した。

 私もタバコに火を点けた。

「湯沢から買って来たお菓子よ。あっ、そうそう、冬子さんにもおみやげがあるのよ。後であげるわね」

「どうも、すみません」

「湯沢はよかったわよ。冬子さんも一緒に来ればよかったのに。楽しかったわ。今度、一緒に行きましょうね」

「はい」

 冬子から私に視線を移すと、「心配する事はありませんよ」と夫人は言った。

「紀子さんの車があるようですが、車で出掛けたのではないのですね?」

 どちらともなく聞いてみた。

「らしいな」と静斎が言った。

「また、海外に行ったのかもしれないわね」と夫人が付け加えた。

「えっ、海外?」と冬子が私の代わりに驚いてくれた。

「前にもありましたわ。何も言わないで、うちを飛び出して、連絡もないので心配してると、朝早く電話して来て、今、アメリカにいる。二週間位、こっちにいるから心配しないでなんて言うのよ。まったく、呆れて物も言えなかったわ」

 私も呆れて物が言えなかった。気まぐれもここまで来れば大したもんだ。

「でも、海外に行くとなれば、準備とか荷物とか色々あるでしょ?」

「普通の人なら、そうでしょう。でも、あの娘は普通じゃないの。ハンドバック一つを持って、気が向けば、どこでも行っちゃうのよ。いつも、パスポートとドルだけは持ち歩いているらしいわ。まったく、何を考えてるんだか、私にはちっとも分かりゃしない」

 私も旅行は好きだが、パスポートと金だけで旅をした事はない。また、そんな奴にもお目にかかった事もない。みんな、不必要な物をかなり持って、重たい思いをして移動している。確かに、パスポートと金を持っていれば旅はできる。日用品など、どこに行ったって買う事はできる。しかし、海外に行くとなると皆、一応は色々と準備をする。隣の町にでも行くように、気楽な気持ちで海外まで行くとは大した女だと感心した。紀子がそんな女だったとは、まったく、予想外な事だった。

「アメリカに知り合いでもいるんですか?」と私は訊いた。

「いるらしいわね。紀子は二年間、アメリカに留学してたんですよ」

「音楽で?」

「そうです」

 冬子は熱心にお茶菓子をかじっていた。私の視線に気づくと、ニコッとして、「これ、うまいわよ」と言った。

 やはり、紀子は音楽に夢中になっている、ただの金持ちのお嬢さんではなかったようだ。私はすっかり、紀子の事を見直していた。

「という事は、気の向くままで、どこに行くのか、まったく分からないのですね?」

「ええ、分かりません。今の所、宇宙まで飛んで行く事はないと思いますけど」と夫人は笑いながら言った。

「しかし、二日も連絡がないのはおかしい」

 静斎が夫人の冗談をとがめるように言った。

「そのうち、連絡して来ますよ」と夫人は静斎に言った。

「私はちょっと買い物に行って来ます。留守の間、何を食べてたのか知らないけど、冷蔵庫の中は空っぽですよ。いいですわね」

「ああ、好きにしろ」

 静斎は夫人の方を見ずに、タバコを灰皿で潰した。

 夫人は、失礼しますと頭を下げてから出て行った。少しも心配している様子はなかった。

「あいつはのんびりしすぎる。昔からそうじゃ。反応が少し鈍いんじゃよ。紀子の身に、もしもの事があったらどうするんじゃ」

 静斎は独り言のように呟いた。

「何かある可能性でもあるのですか?」

 静斎は不思議そうに私を見つめた。初めて、私を見たというような顔だった。

「そんなものはない‥‥‥ただ、心配なんじゃ」

 灰皿から細い煙がすじになって昇っていた。私は自分のタバコで、その煙を消した。

「紀子さんが行きそうな所は当たってみましたか?」

「ああ、ビーチハウスと山荘にはいなかった。平野君にも聞いてみたが、日曜の夜以来、会っていないと言った」

「山荘にはまだ、誰かがいるんですか?」

「淳一がいる。わしの長男じゃ。映画の脚本を書いてるらしい」

「ビーチハウスとは?」

「鎌倉のはずれにある奴じゃ。紀子はよく、そこで作曲をする。あそこにもピアノがあるんでな。今朝、電話してみたが誰も出なかった」

「紀子さんは携帯電話を持ってないのですか?」

「持っている。だが、車の中に置きっ放しじゃった」

「普段、持ち歩かないんですか?」

「邪魔になるんじゃろう。作曲する時は持ち歩かないようじゃ」

「そうですか‥‥‥紀子さんの友達の住所とか御存じありませんか?」

「平野君なら分かるじゃろう」

「それと、紀子さんの写真を一枚、貰いたいのですが」

 静斎はうなづくと部屋から出て行った。

 冬子は一人でお茶菓子を平らげていた。

「紀子さん、アメリカに行ったのよ」と冬子は言った。

「よく食うな」と私は言った。

「だって、おいしいもの」

「太るぜ」

「大丈夫よ」

「隣の部屋は何なんだ?」

「書斎よ。シナリオ・ライターの淳一さんが使ってるみたい」

「アトリエじゃないのか?」

「アトリエはこっちよ」と冬子はモディリアニが飾ってある壁を示した。

「へえ、向こうか‥‥‥そこから、数々の名作が生まれたのか」

「そうみたい。でも、最近はビーチハウスの方で描いてるみたいよ。それより、紀子さん、どこに行ったと思う?」

「まだ、地球上にいるさ。スペース・シャトルにはそう簡単には乗れまい」

「よくそれで探偵が勤まりますね。車があるって事は車で行けない所に行ったのよ。だから、海の向こう。その位の推理、働かせなさいよ」

 静斎が戻って来た。

 写真の中の紀子は白いブラウスに黒のジャケットを着て、左手にワイングラスを持って、軽く笑っていた。

 平野雅彦の住所の書いてある紙切れと写真をポケットにしまって、冬子の「頑張ってね、おじさん」の声に送られて、私は静斎宅を出た。

 灰色の雲が空一面をおおっていた。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

magazinn55

突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
是非、御願いします。
http://www.p-netbanking.jp
よろしく御願いします。
by magazinn55 (2007-08-22 12:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。