So-net無料ブログ作成

エディット・ピアフ [小説に出てくる音楽]




エディット・ピアフ(1915-1963)はフランスを代表する偉大なる歌手です。
死後40年以上経った今でも、ピアフの人気が衰える事はなく、CDは売れ続けています。
ピアフ自身が作詞した「バラ色の人生(La Vie en rose )」と「愛の賛歌(Hymne à l'amour )」は名曲として世界中に知られ、様々なアーティストによって歌われています。
「パリの空の下(Sous le ciel de Paris )」 はジュリアン・デュヴィヴィエ監督のフランス映画「巴里の空の下セーヌは流れる」の主題歌です。


21.闇の中から夢の中へ


エターナル  エディット・ピアフ  エディット・ピアフ コンサート&ドキュメンタリー  エディット・ピアフ -天に届く声  エディット・ピアフ 愛の讃歌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。